Skip to content

「山梨」という名の小惑星がある

宇宙のずっと遠いところに「山梨」という名の小惑星があります。串田嘉男・村松修両氏が発見したこの星。八ヶ岳南麓天文台のある山梨県にちなんで「山梨」と名付けられました。  かつては、新しい天体が発見されても自由に命名することはできませんでした。しかし、非常にたくさんの小惑星が発見される時代になると、小惑星に限り、発見者が命名権(正確には命名提案権)を持つことができるようになりました。

実は、山梨にまつわる小惑星は他にも存在します。
■ 小惑星「小淵沢」
■ 小惑星「清里」
■ 小惑星「八ヶ岳」
■ 小惑星「富士」
探せばまだあるかもしれませんし、これから新しい名前が追加されるかもしれません。

ちなみに、小惑星の名前の中には思わず笑ってしまうようなものもあります。
■ 小惑星「アンパンマン」
■ 小惑星「トトロ」
■ 小惑星「早見優」
■ 小惑星「巨人の星」
■ 小惑星「たこやき」
など、ひと目でいいから見てみたい小惑星がたくさん存在するのです。

Published in未分類