Skip to content

山梨の巨樹名木:わに塚の桜

 かつてドコモのCMに使われたことでも知られる一本桜「わに塚の桜」。北杜市実相寺の神代桜や甲州市慈雲寺のイトザクラなど、山梨県で名高い一本桜の多くは寺院の境内にあります。そんな中、わに塚の桜は田んぼが広がる場所にどっしり立っています。

 見頃となる4月上旬のシーズン中には臨時駐車場が用意され、多くの人で賑わいます。

 「わに」というと、浮かぶのは「ワニ(鰐)」。塚が「鰐口(わにぐち)」に似ていることから名付けられたと考えられています。「鰐口」とは、丸く平たい鈴のこと。神社仏閣に掛かっています。ちなみに「塚」とは「古墳」「土が盛り上がった場所」を意味します。

 地域の伝承として、ヤマトタケルノミコトの皇子である王仁(わに)武田王がこのあたりを治め、この塚が彼の墓だと伝えているほか、「王仁族」がこのあたりで勢力を持っていたという説があります。

Published in未分類

山梨トリビアをシェア