Skip to content

山梨トリビアとは

「トリビア(トリヴィア, trivia)」とは、「些細でたわいもない事柄」を意味する英単語。山梨トリビアは、山梨に関わる雑多な知識をまとめたデータベースです。

山梨トリビアは、終わらない自由研究の研究発表である。

著者は2007年、自修自得で山梨を学び、人間力を磨く塾「夢甲斐塾」の7期生として、山梨について学び始めました。そこで、山梨の自然や歴史、風習など、生まれ育った故郷の事をまるで知らないことを痛いほど思い知りました。1年間で研修は修了しましたが、じっくり山梨を学び続けることを決意し、今に至ります。

「山梨トリビア」は、著者がFacebook内で限定的に公開しているシリーズ名です。2013年から、山梨にまつわるトリビアを毎日欠かさず投稿するというチャレンジを続けています(2017年8月に1,700回を更新)。最近、「もっと多くの人が見られるようにしてほしい」というありがたいお言葉をいただくようになりました。そこでこの度、Facebookの記事を加筆・修正し、ほんの一部ではございますが、どなたでもご覧いただけるよう一般公開させていただくこととしました。他のトリビアもご覧になりたい場合は、Facebookにて友達申請ください。その際はひと言メッセージいただけますと幸いです。

山梨トリビアは、「知ること」から「幸せ」を目指す試みである。

夢甲斐塾の上甲晃(じょうこう あきら)塾長は、松下政経塾の塾頭を長い間務められ、「志ネットワーク」を主宰しながら全国各地で多数の執筆・講演活動をされています。山梨トリビアは、上甲塾長の次の言葉が行動指針となっています。

愛すること好きになることから始まり、好きになることは知ることから始まる。

地元山梨をより深く知ることは、地元をより愛するための最善の方法ではないでしょうか。本サイト内のロゴや記事、画像の著作権は筆者にありますが、「山梨について可能な限り多くの人に知ってもらいたい」という願いのもと、本サイトでは次のクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを掲げます。
creativecommons
「地元山梨をより良くしたい」という理念を持った授業・講座・イベントの準備に、本サイトの記事や画像がお役に立てたら大きな喜びです。

author[著者]
前田 友和 (グラフィックデザイナー/家庭教師)
1980年 山梨県生まれ。地元山梨を自由研究すること7年。2012年8月に「日本一高い結婚式場(標高)」である富士山頂の浅間大社奥宮で結婚式を挙げる。